バイアグラの副作用は怖い?

バイアグラとは
バイアグラとは、アメリカのファイザー社によって世界で最初のED治療薬です。1998年にアメリカで発売開始されました。日本でも1999年に承認を受けて販売が開始されています。バイアグラに配合されている有効成分シルデナフィルは、もともと狭心症の治療薬として開発されていたのですが、その研究過程で勃起補助の作用が見つかったという経緯があります。

バイアグラのメカニズムについて、主成分シルデナフィルは男性器の勃起に欠かせない環状グアノシン一リン酸の働きを阻害する「5-ホスホジエステラーゼ」という酵素の作用を妨げることができ、血管を拡張させたり、海綿体の筋肉を弛緩させたりすることで男性器の勃起を促進させる効果が実現できます。

バイアグラの服用は1日1回、1回1錠とし、服用間隔は24時間以上にしてください。服用後、30分~1時間ほどで効果があらわれます。効果の作用時間は4~5時間に持続していることができます。バイアグラの効果は食事の影響を受けやすいから、空腹時で服用したほうがいいと認められています。

バイアグラの副作用
バイアグラの主な副作用はめまい、顔の火照り、頭痛、動機などがあります。また、鼻粘膜の充血による鼻詰まりや鼻血、消化管の充血による消化不良や胃痛を訴える人もいます。副作用を最小限にするために、正しい服用方法を守ることが重要で、また、バイアグラの併用禁止薬がありますから、注意してください。特に心臓疾患に使われるニトロや高血圧患者の使っている血圧降下薬と併用すると血圧が下がりすぎてしまって、最悪の場合には意識を失ってしまうこともあります。つまり、ひどい副作用が出る場合、必ずお医者さんと連絡して医師の指導のもと服用量を減らしたり、服用を中止するなどの処置を行う必要があります。