バイアグラジェネリック・しらぐら

シラグラとは、インドのムンバイに本社を置く製薬会社「Cipla(シプラ)」が開発した米国ファイザー社の「バイアグラ」のジェネリック医薬品です。厳密にいえばバイアグラの特許が切れる以前から発売開始されている為、インド製コピーバイアグラとなりますが、バイアグラと同じ有効成分であるシルデナフィルクエン酸塩を含んでいる点は、バイアグラと全く同じです。

特徴としては、バイアグラに比べ安価で購入できます。その理由は、インド国内では医薬品の特許に関する取り締まりの緩さが影響していて現状ではバイアグラの開発元であるファイザー社に特許料を支払うことなく製造、販売ができてしまっているからです。

ただ、シラグラは日本での認可は下りていない医薬品で、直接インドに購入しに行くか個人輸入で入手する方法のみです。個人輸入に関しては偽物も多く出回っており、実際に健康被害の報告もでていますのでおすすめは出来ません。

有効成分自体はバイアグラと同じシルデナフィルです。勃起に必要な血液を海綿体に血流増加させて正常に働きかける作用があります。

勃起は性的刺激を受けることにより、脳の中枢神経から男性器周辺の一酸化窒素を生成する組織に信号を送り、男性器(海綿体)への血液流入を促し陰茎が膨張することが勃起に至るまでの流れです。ただし、バイアグラとは成分は一緒ですが製法が違いますので、全く一緒かといえば、その効果や効きはじめる時間は正規品と多少違ってきます。

バイアグラの代謝と食事

バイアグラの代謝
1.試験において、バイアグラ単回経口投与した時の投与後48時間までの投与量に対する未変化体の累積尿中排泄率は、0.3~0.6%であります。

2.試験において、バイアグラ1日1回7日間反復経口投与した時の投与量に対する未変化体の24時間毎の尿中排泄率は0.2~0.9% の間で推移し、単回投与時と同程度であり反復投与による変化はなかった。

3.バイアグラの主な成分は肝臓で代謝され、その主要代謝物N-脱メチル体の生成速度はCYP3A4が最も速く、次いでCYP2C9であった。

食事の影響
バイアグラ50mgを食後又は空腹時に投与し、体内動態に及ぼす食事の影響から見ると、バイアグラのTmaxは食後及び空腹時投与でそれぞれ3.0及び1.2時間であり、食後投与により吸収速度が有意に減少し、Tmaxが1.8時間延長することが認め られた。Cmaxは食後投与で149ng/mL、空腹時投与で255ng/mLであり、AUC0-∞はそれぞれ697.5及び806.2ng・hr/mL でありました。

バイアグラのジェネリック薬ご紹介!

ジェネリックはバイアグラのような先発医薬品と同じ成分、同じ効果がある、でも価格の場合は先発医薬品よりもっと安いの薬であります。バイアグラの場合はカマグラという薬であります。

カマグラとは
インドのある製薬会社は製造そして販売しているバイアグラのインド製ジェネリック医薬品であります。それ以外はインド国内で発売されている「カマグラゴールド」と輸出する「カマグラ」は2種類が持っています。

カマグラの特徴は
カマグラはバイアグラより種類の方がもっと豊富であります。3タイプがありますよ。
1.コップ1杯の水に錠剤を入れて溶かして飲む発泡剤タイプです。

2.ゼリー状になっていてライチ、グアバ、キャラメル、ラズベリー、キウィ、いちじく、グリーンアップル、の7種類のフルーツ味があるゼリータイプです。

3.口の中で溶かす、もしくは噛んで服用するタイプです。

カマグラの効果は
実、カマグラの有効成分はバイアグラと同じで「シルデナフィルクエン」であります。そして、作用機序もバイアグラと同じで、ホスホジエステラーゼ5(PDE5)を阻害してサイクリックGMP(cyclicGMP)の分解を抑制し血管を拡張させることで男性器の海綿体の血液を増量し、勃起不全(ED)気味になるのを防止するということです。

でも、カマグラの場合はいろんなタイプがあって、バイアグラと完全に一緒とは言えません。

カマグラの服用方法は
バイアグラと同じで、成分は腸から吸収されます。

違うところは
1.ゼリータイプのは手で押し出すか口で吸うかして服用します。

2.発泡剤タイプのはコップに水を入れて錠剤を入れてよくかき混ぜて溶かして服用します。

3.舌下錠タイプのは噛み砕いて服用します。

注意するところは
カマグラは「50mg」と「100mg」が2つ種類がインド国外で流販売されているのは。「100mg」の場合は半分に割り50mgにして服用してください。